毎年猛威を奮うインフルエンザ。その予防法であるインフルエンザワクチンを接種するにも、毎年毎年長崎市内の病院をあっちこっち駆け巡ります。

小さなお子様がいる保護者さんは小児科での接種を希望するかと思いますが、インフルエンザワクチン予防接種のピークである10~11月は、今年はどこの小児科も満席状態!
電話で予約出来たり出来れば良いのですが、殺到するので、電話予約は受け付けてないところも…。
予防接種が午前中で終わってしまったり、人数制限があったり、正直行ってみないとわからないので、出たとこ勝負です。
しかも、その期間に熱を伴う他の病気になったら、予防接種を延期しなければならなく、とにかく病気にならないように、気を使う気を使う。
病院のホームページにも入荷しました。一旦ストップしてます、くらいの情報は上がりますが、行くと在庫なかったり、ホームページ上在庫無くても入荷していたり。
なかなかリアルタイムの情報が無いので、もうあとはママ友ネットワークで◯◯小児科はまだあったよ!とか◯◯小児科は入荷待ちだって!と言う情報を駆使して走り回るしかありません。
しかし、私は穴場の病院を見つけました!というか、ママ友が教えてくれました。
そのママ友が看護師として働く皮膚科でも予防接種をしているそうなのです。私は初耳でビックリしました。
予防接種といえば、内科や小児科しか出来ないと思っていたので・・・。
ママ友は去年から職場復帰したようなのですが、【看護師求人長崎】で無事に正社員の職に就けたようです。

子供は接種を嫌がり、痛がり泣くし、その時期の小児科はまさに阿鼻叫喚です。
一方こちらもワクチン求めてドキドキハラハラしてどっと疲れます。
その合間を縫って自分達も接種するので、スケジュールと時間の配分も考えないと病院に行けないので、毎年インフルエンザワクチン予防接種の時期は頭と胃が痛くなります…。
子供達は小児科で、私は胃腸科、主人は内科、なんて事も、ざらにあります。

予防接種したからといってインフルエンザにかからない訳でもなく。
職場や園で一人出たら、皆に緊張が走ります。
インフルエンザは、かかったら家族に移らないように完治させなくてはならないし、移ったらリレーのように移るし、毎年怯えています。
毎年この時期は、徹底してうがい・手洗い・加湿・除菌・なるべく人混みに行かない。そして天に祈っています。