雑誌やテレビなどのメイク特集で紹介されるのはいつもぱっちり二重まぶたのものばかり。一重まぶたは全く取り上げられないか、おまけ程度。どちらかというと一重まぶたが取り上げられるのは一重まぶたをぱっちり二重に変身させるには!のような特集ばかりです。アイプチやアイテープを使用してぱっちり二重を作ったり、最近では美容整形がとても身近なものになりプチ整形であっというまに二重になれたりもします。
一重まぶたはそんなに悪いことなのでしょうか。約30年一重まぶたと付き合って生きている私はとても生きづらい世の中だなと感じています。

一重まぶたさん用といわれるアイシャドーも発売されていますが、広告に使われている女性は一重まぶたの私からしたら奥二重の方のように見えます。二重まぶたの人からしたらどっちもどっちのうに見えるかもしれません。しかし、一重まぶたの人間からしたら大きな違いです。正直ぱっちり二重にならなくていいから奥二重になりたい!とまで思っています。本当の重たい一重まぶたは一重まぶた用のアイシャドーを使ったからといってぱっちり見えるわけではありません。誇大広告なのでは?と言いたくなるほど。むしろ塗っても見えなかったり逆に重たく見える可能性が高く、綺麗な色味のものにはなかなか挑戦できません。無難な黒系か茶色系、しかも茶色は赤みがかっているとまぶたが重く見えてしまうので選べません。
結局は二重に矯正してお化粧を楽しむのが一番早いと思います。参考サイト:http://xn--4kq60xbxoc0l8p5a.com
大昔、平安時代の女性は一重まぶたのいわゆるおかめ顔が美しいと言われていたはずなのに、いつから二重まぶたで鼻は小さく高い女性が美しいとされるようになってしまったのでしょう。西洋文化が日本国内で発達していったせいなのでしょうか。
流行りは巡りめぐってくるはずなので、いつか一重まぶたの女性が美しいと言われる日が来ることを祈っています。しかし、私が生きてるうちにそれが巡ってくるでしょうか……いや、こないと思います。あと何百年後になるかわからないその日をタイムマシーンで見てみたいものです。

シングルマザー
最近嬉しかったことは、疫病神な旦那と離婚できたことです。
でき婚で結婚しましたが、結婚生活はどんどん生活レベルが下がっていき、旦那のボロがすぐに出始めました。

まず、仕事が続かないことです。付き合っていた頃はきちんと、正社員で働いていたのに、子供が産まれたにもかかわらず、定職についてくれないので、というか、協調性がなく、人とうまくやっていけないようです。そのため金銭面で苦しいときは私は元旦那にバトンタッチし、ラウンジで働いていました。

今では38歳で、日雇いのような仕事をしています。そして、昔から嘘つきで、給料明細をみせないし、いくらもらっているかも、わからない状態でした。
財布を落としたとか、事故に合ったとか、家においてあった生活費が突然紛失することも多々ありました。

家は私の所有物だったのですが、放浪癖まででてきて、ある日突然いなくなるのです。そして、呆れて諦めた頃に音信不通だったのに、電話がかかってきて、泣いてあやまります。しかし、帰ってはきません。それを5回位繰り返した後、子供に会いたいと言い出し、一度だけ帰ってきました。わたしはもうどうでもよくなっていたし、この状態がずっと続くのは前に進めないので、帰って来たときに、離婚届を用意していました。元旦那はためらっていましたが、うざいんよ。目の前に二度とあらわれるな!といいまして、書かせました。

それからシングルマザーになったのですが、精神的ストレスから解放されて、幸せいっぱいです。
子供も放浪癖な元旦那には諦めているようで、口には出しません。会いたいとも言わないので私がしっかり背中を見せていこうと思っています。子供が小学校1年なので、近場で土日祝日休み、時間の融通の効く正社員の仕事を一生懸命探し、見事就職できました。もちろん元旦那からの援助なんてありません。ネットカフェに住んでいるようです。

生活費は節約しながらもなんとかなっているし、なによりも、心の解放感がちがいます。仕事をバリバリしてこどもをのびのびと、育てれているのがいま最高にうれしいことです。